施主支給で注文

地盤改良工事で思わぬ出費が発生したため、施主支給で住宅設備を注文することにしました。

工務店にもそのことを伝えて了承を得ましたが、施主支給はトラブルになりやすいと、あまり乗り気ではなかったです。

たしかに、工務店に一括購入するのは安心なのですが、費用的に施主支給の方が安くなるなら、消費者としては安い方を希望したくなります。

今回、施主支給で注文する商品は「キッチン」「カップボード」「トイレ」「洗面化粧台の鏡」を注文して約1,700,000円です。

「キッチン」「カップボード」だけで1,600,000円くらいします。

「トイレ」と「洗面化粧台の鏡」は施主支給にしなくても良いかと思ったのですが、こっちの方が安くなりそうだったので注文しました。

キッチンの組立は工務店がやってくれるなら、施主支給の会社に頼まなくても良いみたいなのですが、私がお願いしている工務店ではキッチンの組立はできないといわれたので組立設置費も支払うことになりました。

発注書をメールで送って、振込も終わりました。

12月19日 発注書を送付。
12月24日 商品代金を振込。
12月26日 組立設置値を振込。

発注書には発注書を送るとキャンセルはできないと書かれているのが緊張感を高めます。

はじめての住宅建築で施主支給なのでちょっと心配ですが建築費を安く抑えるために挑戦してみます。