「SweetHome3D」で作成した間取の部屋に屋根を付ける方法がわからなかったので調べてみました。

屋根を設置するには「SweetHome3D」をダウンロードするだけでなくデータを追加でダウンロードしないといけないようです。

データのダウンロードは面倒ですがデータ追加も無料なので安心です。

追加データのダウンロードの方法は必要なデータを1つ1つ選択してダウンロードする方法とファイルをまとめてダウンロードする方法があります。

1つずつ必要なモデルをダウンロードする場合は「3D models import」のページからダウンロードします。

3D models import

屋根のモデル関連は5つあって屋根が3つ、雨樋(あまどい)の2つです。

3D models import

モデルをひとつずつダウンロードしても良いのですが、モデルデータをまとめたファイルがあるのでそっちをダウンロードした方が楽です。

モデルデータのダウンロードはこちらからできます。

sweet home 3D

画面を表示するとこれまで公開されたデータの一覧が表示されます。
バージョンがいくつかありますが、最新版には過去のモデルも収録されているので最新バージョンをダウンロードしましょう。

2012年12月6日の時点では「3DModels-1.2.1」が最新なので、これをダウンロードします。

「3DModels-1.2.1」をクリックするとダウンロードできるzipファイルが表示されます。

sweet home 3D

モデルデータの種類別に分かれていると思うのですが区分けがよくわからないので全部ダウンロードします。

ダウンロードしたファイルはzipファイルですがsweethome3Dに使えるようにするためにダブルクリックしてファイルを解凍します。

sweet home 3D

「SweetHome3D」を起動してモデルライブラリのインポートをします。
メニューバーの[家具]から「家具ライブラリーのインポート…」を選択します。

sweet home 3D

[3DModels-Trees-1.2.1]→[Trees.sh3f]を選択して「開く」をクリックします。

sweet home 3D

[Trees.sh3f]を追加すると左メニューに「外部」が追加されて「木」が選択できるようになります。

sweet home 3D

同じように他のライブラリーも「***.sh3f」のファイルを選択して追加していきます。

これらを追加するとかなり家具が増えるので間取の幅がかなり増えます。
ただ、海外で作られいるので家具に日本的な物はほとんどないです。

屋根のモデルデータを追加したので、さっそくトイレに屋根を付けてみたいと思います。

屋根を付けていない状態はこんな感じです。

sweet home 3D

屋根の部分がぽっかり空いてます。
ここに「種々雑多」→「多角形・屋根」を追加します。

sweet home 3D

多角形の屋根なので台形みたいな形です。
しかし、トイレの屋根は平らにしたいので設定値でサイズの高さを「0.1」に変更して屋根を平らにします。

sweet home 3D

3Dビューで屋根を確認して見るとちゃんと平らな屋根が設置できています。

sweet home 3D

屋根を設置できるようになったので屋根の間取だけでなく住宅の外観も違和感なく見れるようになりました。