Mac版の住宅間取ソフト「SweetHome3D」をインストールが無事に終わりましたので、オリジナルの間取を作っていこうと思います。

初めて「SweetHome3D」を起動するとこんな感じのあっさりすぎるほどの画面が表示されます。

SweetHome3D

あまりにも何もないのでどうすれば良いのか悩んでしまうほどです。

まずは、左の方に「キッチン」や「ドア」などインテリアの素材らしきものがあるので、どんなものが登録されているのかを調べてみます。

まずは、「キッチン」の項目はこんな感じ。
アイテムが7個あります。

SweetHome3D:キッチン

「ドア/窓」のアイテムは15個あります。

SweetHome3D:ドア/窓

「リビングルーム」のアイテムは26個あります。

SweetHome3D:リビングルーム

「種々雑多」は13個あります。

SweetHome3D:種々雑多

「照明」は13個あります。

SweetHome3D:照明

「寝室」は10個あります。

SweetHome3D:寝室

「浴室」は6個あります。

SweetHome3D:浴室

それぞれの素材の上にマウスカーソルを置いておくと、こんな風にイメージが表示されます。

SweetHome3D:素材

キッチンの素材を横一列に7個並べてみました。

SweetHome3D:配置例

床や壁などを置かずに色の指定もしていないので、配置が見づらいですが、右上が真上から見た見取り図で右下が3D表示の画面になってます。

3D画面はマウスのドラッグで自由に視点を変えることができるのでおもしろいです。

素材は他に追加パックみたいなものがあるようなのでそれをダウンロードすれば増やせそうです。

次は、壁や床などを置いて簡単な部屋を作ってみたいと思います。