新築・注文住宅のカタログや資料集めについて

「子供も産まれるし、そろそろ家の購入を検討したい。」

「まずは住宅カタログだけ集めたい。」

「建売と注文住宅ってどれくらい価格が違うんだろう?」

など、住宅購入を考え始めると、住宅カタログを請求したり、住宅展示場へ行ったりすると思います。

でも、何の予備知識もなく、資料請求や住宅展示場へ行くと、しつこく営業されることがあります。

ただ、家づくりのための情報を集めている段階で営業トークをされても、正直言って迷惑ですよね。

できることなら、そんな営業トークに巻き込まれずにカタログだけもらいたいと思いますよね?

住宅展示場やモデルハウスへ行かずに、簡単で効率よく住宅カタログや見積もりをもらう方法を紹介します。

住宅展示場へ行ってカタログをもらうのは危険?!

新築や注文住宅を建てるための情報を集めるには住宅展示場へ行くのがもっとも確実です。

住宅展示場に行けば、10社以上のハウスメーカーから住宅カタログをもらうことができます。

しかし、住宅展示場へ行って、ただカタログだけをもらうだけで済むはずがありません。

カタログを貰うだけじゃなく、せっかく来たからとモデルハウスも見て回りたくなります。

モデルハウスに入ると、営業マンが住宅の特徴を説明をしながら案内してくれます。

一つのモデルハウスを説明を聞きながら見学すると、30分から1時間はかかります。

アンケートや見積もり依頼をすれば、もっと時間はかかります。

1つのモデルハウスでこれだけ時間がかかるのにで、1日で回れる住宅会社はせいぜい5社が限度です。

また、営業さんの説明を聞いてみるとわかりますが、話を聞くだけでも以外と疲れるので、1日で10社も回るのは無理です。

そんな感じで、住宅展示場に行けば、複数の会社のカタログをもらうことができます。

ただ、住宅展示場でカタログをもらうと、必ずその後に営業電話がかかってきます。

具体的には、「その後、住宅の計画は進んでますか?」といった内容の電話です。

こういった電話は一回なら良いですが、ほとんど場合は、住宅会社を決めたというまで、何度もしつこく電話がかかってきます。

私も家を建てる前に、住宅展示場やモデルハウスに行きましたが、中には、「近くに寄ったから」と、何の連絡もなく、突然自宅まで押しかけてくる営業もいました。

正直、こういう営業は迷惑以外の何物でもないです。

このような営業をされるのが嫌で、住宅展示場へ行きたくないとか、カタログ請求したくないという人は意外と多いです。

住宅展示場へ行く必要なし!家にいながらカタログ・見積もりがもらえる

住宅会社からカタログや見積もりをもらうには、住宅展示場や住宅会社へ行って直接話をする必要があります。

しかし、最初の訪問でカタログはもらえますが、見積もりや間取り図をもらうためにはヒアリングシートを書いて、約1週間後になります。

間取りや見積もりをもらうためには、もう一度会社へ行かないといけません。

つまり、最低でも2回行かないと見積もりがもらえません。

家を建てるには、複数の会社からカタログや見積もりをもらって比較するのが普通です。

そう考えると、1社1社訪問していたら疲れてしまいます。

ましてや、とりあえずカタログだけもらいたいと思って情報収集してる段階なら、なおさらです。

そんなときは「一括資料請求サイト」を利用すると便利です。

複数の会社を訪問して、何度もヒアリングシートを書く必要がない

あなたは住宅会社への見積もりが面倒だと思っていませんか?

住宅会社を訪問してヒアリングシートを書いて、一社一社から見積もりをもらうと結構な時間と手間がかかります。

わたしも家を建てるときに、何社もハウスメーカーを訪問して、家づくりの希望について同じ話やヒアリングシートを毎回書いたので、面倒だなっと感じてました。

一般的には見積もりは住宅会社へ行かないともらえませんが、「一括資料請求サイト」では、一括見積もりができます。

住宅展示場の場合、移動時間を含めたら、1時間以上かかる見積もり依頼も「一括資料請求サイト」なら数分で終わってしまいます。

一度の入力で複数の会社へ見積もり依頼ができるので、何度もヒアリングシートを書く手間もありません。

注文住宅の価格比較が簡単にできる

住宅購入価格の相場は気になると思いますが、注文住宅の場合、一軒一軒条件が違うので建売住宅の相場を参考にしてもあまり意味がありません。

「坪単価いくら」という安さを売りにする会社もありますが、住宅設備を変更すれば価格が上がるのでまったく当てになりません。

注文住宅は見積もりを取ってみないと販売価格がわかりません。

一般的に大手ハウスメーカーと工務店で家を建てた場合は、工務店の方が数百万円安くなると言われていますが、実際にあなたが建てる家ではどれくらい安くなるのかは見積もりを比較してみないとわかりません。

「一括資料請求サイト」を使って、同じ条件で見積もりを依頼すれば、簡単に住宅価格の比較ができます。

一括見積もりサイト「タウンライフ」

「一括資料請求サイト」はネットを探すといくつか見つけることができます。

有名なところでは、「SUUMO(スーモ)」や「ホームズ」があります。

ただ、これらのサービスはカタログ請求はできますが、見積もりをもらうことはできません。

カタログだけでなく、見積もりや間取りプランも手軽にもらいたいなら「タウンライフ」で簡単に申し込めます。

「タウンライフ」で無料依頼すると、「間取りプラン」「資金計画」「土地提案」の家づくり計画書を複数の注文住宅会社からもらうことができます。

160906townlife

→ タウンライフの詳細はこちら