家づくりのコツ

「注文住宅を建てるには何を勉強すれば良い?」

「どうすれば注文住宅で良い家を建てられるだろう?」

「住みやすい間取りってどうやって決めるの?」

そんな家づくりの悩みを解決するには3つのコツがあります。

家づくりは調べることは多いですが、たった3つのことをすれば良い家を建てることができます。

  1. 家づくりの情報を集める
  2. 実際に人が住む家を見る
  3. 自分に合った住宅会社を選ぶ

家づくりの情報を集める

まずは、注文住宅の知識をインターネットや書籍などで家づくりの基礎知識を身に付けましょう。

インターネットで調べれば無料の情報がたくさん手に入ります。

ですが、ネットだと情報が溢れすぎていて調べるのに時間がかかるので、家づくりの書籍を購入した方が正確な情報を短時間で学ぶことができます。

大手ハウスメーカーの住宅展示場へ行って最近の建築事情などを聞くのも勉強になります。

実際に人が住む家を見る

実際に人が住んでいた、住む予定の家(新築の建売住宅や完成展示会、中古住宅など)を見に行く。

見にいく家は住宅展示場よりも、新築の建売住宅や完成展示会、中古住宅など実際に人が住む、住んでいた家がおすすめです。

なぜなら、住宅展示場のモデルハウスは玄関やリビングが異様に広いなど、お客さんに夢を見せるために設計されているのでほとんど参考にならないからです。

自分に合った住宅会社を選ぶ

家づくりのイメージができたら、家を建ててくれるベストパートナー(業者)を選ぶ。

家づくりの知識を身につけ、住宅を見学していくと建てたい家のイメージが固まってくると思います。

あとは、そのイメージ通りの家を建ててくれるベストパートナー(業者)を選ぶだけです。

モデルハウスや、完成見学会を見に行ったり、担当者の人柄などを調べてあなたの家づくりを任せられる会社を選びましょう。

この3つの中で、一番大切なのは?

この3つを順番で家づくりをすれば失敗のない良い家が建てられます。

この中でも一番大切なのは、住宅会社を探す、業者選びです。

住宅展示場が集まっている住宅公園へ行けば、住宅会社の情報を1日で集めることができます。

しかし、住宅公園にない会社の情報は集めることができません。

住宅会社は大手ハウスメーカーから小さな工務店まで、それこそ星の数ほどあります。

大手ハウスメーカーしか興味がないなら、住宅公園だけに行くのも良いですが、住宅建築費用を少しでも安くしたいなら、中小のハウスメーカーや工務店からも資料を取り寄せて比較した方が良いです。

モデルハウスなどがない中小ハウスメーカーに資料請求するときは、一括資料請求サイトを使うと会社を探す手間が省けて便利です。

一括資料請求サイトを使えば住宅会社の情報が簡単に手に入るので、時間を効率的に使うツールとしておすすめです。

各会社の資料を見ながら、住宅会社の特徴やこだわり、工法などの違いを比較・検討して、あなたの希望に合った業者を探しましょう。

まとめ

簡単ですが、あなたが良い家を建てるためのコツはこの3つだけです。

  1. 家づくりの情報を集める
  2. 実際に人が住む家を見る
  3. 自分に合った住宅会社を選ぶ

ぜひ、あなたの家族みんなが笑顔で暮らせる家を建ててください。