住宅メーカーの営業担当者

家を建てるには数千万の大きなお金が必要なので、新築で家を建てる人の多くは初めての住宅購入になります。

そうなると、家づくりについては右も左も分からない素人なので住宅メーカーの営業担当者に家づくりのサポートをお願いすることになります。

家づくりで最終的に決定権を持つのは施主であるあなたですが、その決断をする前にアドバイスをくれるのは営業担当者です。

適切なアドバイスがもらえれば良い家になりますし、役にたつアドバイスがなければ後悔する家が立つ可能性が高いです。

つまり、あなたの家の良し悪しを決めるのは営業担当者の対応ひとつで決まるといっても良いです。

家を建てた後に後悔しない良い家を建てるには良い営業担当者を見つけることです。

良い営業担当者を見つける方法についてこれから説明していきます。



「ヒアリング」「間取りプラン」での対応を見る

どの住宅会社も最初にヒアリングシートの記入をしますが、その後の打ち合わせでヒアリングシートについて何も確認してこない会社は要注意です。

良い家を建てるには、その家に住む人の仕事、趣味などの生活スタイルをしっかりヒアリングしてくれる会社(担当者)を選ぶ必要があります。

なぜなら、最初からヒアリングシートに住みたい家のイメージを正確に書ける人はほとんどいないからです。

それなのにヒアリングシートに書かれたことについて何も質問も疑問も持たないとしたら、本当に生活する人のことを考えているのか不安になります。

逆に、提出したヒアリングシートを見て、書かれていない部分を聞き出すために、家づくりの希望や生活スタイルを詳しく聞いてくる住宅会社は安心です。

ヒアリングに時間はかかりますが、時間をかけた分だけ後悔しない良い家が建ちます。

間取りの打ち合わせに時間をかける会社の方が安心

ヒアリングシートの確認に時間をかける会社の方が安心と書きましたが、これは「間取り」の打ち合わせでも同じです。

良い家を建ててくれる住宅会社はあなたの要望を聞き出すことに力を入れています。

つまり、ヒアリング能力の高い住宅会社(担当者)を選べば、間取りで失敗することはまずありません。

間取りで失敗しないためには、複数の住宅会社に同じ条件で要望を伝えて「間取りプラン」を作ってもらい、それぞれの会社の対応を見てみることです。

こちらの要望をそのまま取り入れる会社は注意してください。

例えば、「1階のリビングを広く使いたいのでお風呂を2階にしたい」とヒアリングシートに書いたときに、「はい、わかりました。」で終わってしまう会社は危険です。

「お子さんの予定はありますか?」
「ご両親との同居は考えていますか?」
「高齢になられた時のことは考えていますか?」

と確認してくれる会社を選びましょう。

そのような聞く力のある担当者を探すには、複数会社へ間取り依頼をして担当者の対応を比較してあなたと相性の良い担当者(住宅会社)を選びましょう。

どんなに信頼度・知名度のある住宅会社でも、担当する営業マンが売り上げ重視で生活する人のことを考えない性格だったら、あなたが住みやすい家は建ちません。

会社選びと同じくらい営業マンのことも比較しながら住宅会社を選びましょう。

複数の会社から見積もりや間取りプランをもらうのは手間と時間がかかりますが、面倒くさがってやらないと家を建ててから後悔することになります。

ここで時間をかけたことは決して無駄にならないので、良い家を建てるために頑張ってください。

<3>住宅展示場へ行く時間がない人におすすめする住宅会社の探し方

安心して家づくりを任せられる住宅会社を見つけるには、どうしても複数の会社を比較する必要があります。

しかし、忙しくて住宅展示場へ何度も行く時間が作れずになかなか会社探しが進まない人も多いと思います。

そんな時には、資料請求から始めることをおすすめします。

住宅展示場へ行くにしても、資料請求をするにしても、良い家を作れるかどうかは営業担当者次第です。

あなたと相性の良い営業担当者を探すのに、一人ひとり直接合うことも大切ですが、ダメな担当者は電話対応だけでも結構わかります。

なので、営業担当者の選別をする第一ステップとしても資料請求は有効です。

だいたい、資料請求をすると、営業担当者が電話をかけてきます。

そこでその営業担当者と合う、合わないの判定を始めてください。

「あっ、この人はダメだ」っと思ったら、どんどん切り捨てていきましょう。

住宅会社への資料請求は、一括資料請求サイトを使うと便利です。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

→ おすすめの注文住宅一括資料請求サイト