窓や玄関ドアのイメージをつかむため
東京の品川にあるYKKAPのショールームへ
行ってきました。

YKKAPのショールームではこの品川にあるのが
一番展示数が多いみたいで、ホームページでも
バーチャルショールームで見ることができます。

ショールームでは窓が8割くらいで
後は玄関ドアやバルコニーなどのエクステリアが
展示されてます。

今回ショールームへ行ったのは
窓の種類と玄関ドアがどんな感じなのかを
確認するのが主な目的でした。

窓はLow-eガラスというものがあって
断熱と遮熱タイプがあるというのがわかりました。

南側の窓は遮熱タイプにしようかと思ってましたが
冬場の暖かい日差しを入れたいので断熱タイプに
しようと思いました。

玄関ドアは引き戸にしようと思っていて
パンフレットだけではわからない正面と裏面を
見れたのは良かったです。

引き戸の玄関ドアだと正面から見ると格子になってますが
裏から見ると格子がなくガラスが全面に張られているのが
わかりました。

これを見て引き戸玄関ドアは普通の開きドアに比べて
断熱性能は期待できないというのがよくわかりました。

後は玄関ドアの取っ手はいくつか選べて
シリーズによって形が違うというのもわかりました。

パンフレットだけではわからなかったところが
確認できたので今回ショールームに行ったのは
正解でした。