注文住宅の資金計画

注文住宅を建てるなら、家づくりの費用や相場がどれくらいかかるのか知っておかないと住宅ローンなどの資金計画が立てられません。

家を建てる費用には住宅だけでなく、諸費用、付帯工事費、設計費用なども必要になるので、注文住宅の価格は単純に坪単価だけでは決まらないです。

しかし、おおよその住宅価格となる相場については知っておきたいですよね。

ここでは、注文住宅の相場を正しく知る方法について説明していきます。

注文住宅の相場と坪単価の関係

住宅販売のパンフレットや住宅販売のチラシでは大きく坪単価が書かれていて安さをアピールしているものがありますが、この坪単価が住宅価格の相場でしょうか?

そもそも、坪単価とは建物の本体価格を延べ床面積(坪:1坪=約3.3平方メートル)で割った数値です。

例えば、建物本体価格が2,000万円で延べ床面積40坪だった場合、坪単価は50万円になります。

単価がわかれば、延べ床面積が35坪のときは本体価格1,750万円、延べ床面積55坪のときは2,750万円というようにだいたいの価格がわかります。

ただ、この坪単価の計算の元になっているのは一般的に建物の本体費用だけです。

つまり、一般的に屋外設備工事費、水道やガスの引き込み、合併処理浄化槽の設置、外構や地盤改良などの別途工事費や各種税金などの諸経費は含まれていません。

これらを含めると坪単価の費用からプラスして数百万単位で追加料金が発生します。

また、坪単価の計算方法には「延床面積」と「施工床面積」を使う場合があります。

坪単価の計算方法が建築業界で決まっていないので各ハウスメーカーごとに違うということです。

「延床面積」の場合、玄関、クローゼット、押入れ、テラス、ウッドデッキの面積が含まれませんが、「施工床面積」の場合はそれらが含まれた金額になります。

2つの会社で坪単価が50万円だったとしても、両方の会社が「延床面積」で計算していないと単純に比較できないわけです。

さらに住宅本体価格には照明器具、カーテン、エアコンの費用が含まれている会社もあれば、含まれていない会社もあるので詳細な見積もりを取って、費用の内訳をよく確認する必要があります。

坪単価がそのまま住宅購入価格の総額にならないことはハウスメーカーで見積もりを丁寧な対応をする会社なら教えてくれます。

ですが、注文住宅を始めて建てる初心者だと単純に坪単価だけを見て安く家を建てられると思いがちなので注意しましょう。

注文住宅の正確な相場を知る一番簡単な方法

注文住宅の場合、建売物件とは違い、自由に設計ができるので、実際に見積もりを出してみないと正確な価格はわかりません。
つまり、住宅会社に見積もりを取るのが一番簡単なわけです。

ただ、見積もりを取ると言っても、1社だけで見積もりを取ると比較ができないので、高いのか安いのか判断できないので、見積もりをするのが少なくても3社以上にしてください。

そうすれば、出てきた見積もりを見ることで、あなただけの注文住宅の相場がわかります。