新築を建てた後に重い負担となるのが住宅ローンですが、主婦向けの情報発信ブログ『WooRis』が既婚女性402人に家計についてのアンケートをとった結果、意外にも一位は住宅ローンではなく、「食費」という調査結果になりました。

■「あなたの家庭の家計を圧迫している費用はどれですか?(複数回答可)」

1位・・・食費(41.3%)

2位・・・家賃・住宅ローン(38.3%)

3位・・・携帯電話費(13.9%)

4位・・・夫婦の小遣い・趣味(13.7%)

5位・・・教育費(12.4%)

住宅費用は収入の3分の1程度が良いと言われますが、それよりも食費の方が家計を圧迫しているということですね。子供がいない夫婦だけの家庭であれば住宅ローンの方が費用がかかるかもしれませんが、子供が生まれて家族が増えれば、食費の方が住宅ローンよりも高くなってもおかしくはないですね。

家族が増えれば食費が増える。これは当然のことだと思いますが、食費は工夫次第で抑えることができそうです。

食費で一番無駄なのは、買った食材や使い切れなかった食材を忘れて食品を腐らせてしまうことです。この無駄を失くすだけでも食費を1〜2割は削減できるはずです。

そのための方法としては、無駄な食材は買わない。余った食材からメニューを考える。買い物は一週間に一回まとめて購入する。外食を控えるなどです。

最近では、購入した食材の賞味期限を管理するアプリなどもあるので、食費を節約したい主婦なら一度チェックしてみましょう。

■参考記事
2位家賃・住宅ローンよりも!「家計を圧迫する費用」1位は工夫次第のアレ
http://news.ameba.jp/20160629-1200/