暖かい小春日和にハンモックに寝そべってゆらゆら読書をする休日。

そんな贅沢な時間を過ごす様子をテレビで見たり、キャンプ場で見かけて憧れを持ったことが一度はあるのではないでしょうか?

一般的にいわれているハンモックは2本の木の間に結ぶので、アウトドアや庭でしか使えないと思うかもしれませんが、実はハンモックは2点で固定できれば良いので、6畳程度の広さがあれば室内でも設置が可能なんです。

とはいえ、フックの取付けは壁や柱を傷つけるので賃貸ではまず無理なので設置はなかなか難しい。新築でハンモックを設置したいと思っているなら、設計段階から設置を依頼しておいた方が安心です。

狭い場所にも設置できるチェアハンモック

横になって昼寝ができるハンモックが一般的ですが、もっと手軽なスペースで設置できるハンモックがあります。それが「チェアハンモック」です。チェアハンモックのチェアは「椅子」のこと。寝ることはできないけれど、椅子やソファー代わりに使えるハンモックです。

チェアハンモックの設置は天井からぶら下げる方法があるのですが、天井からぶら下げるには工事が必要なので新築ならやはり設計段階からしておいた方が良いですし、賃貸では設置をするのは難しいでしょうね。

自立型スタンドを利用したハンモック・チェアハンモック

そこで注目したいのが自立式スタンド型のハンモックです。
壁や柱にフックを付ける普通のハンモックは工事や耐久性などの心配がありますが、自立式ならそんな心配は無用です。

自立式なら工事の必要もなく、部屋や庭、アウトドアなど自由に設置や持ち運びが可能なので、新築で最初からハンモックを考えて設計したけど、使うのは最初だけで結局は使わなくなるという無駄な出費を避けることもできます。

「自立式のハンモックを買ったとしても使わない時は邪魔になるんじゃない?」

わたしもハンモックに憧れがありますが、結局使わなくなったら無駄金を使うだけだと思います。しかし、そんな心配をする人が多かったのか、その問題を見事に解決してくれる商品が販売されていました。

それがコレです。


ハンモックチェア・自立式ハンモック・ハンガーラックとして使えるマルチハンモック ゆらふわモックマルチ

この商品のスゴいところは荷加重量280Kgの重さにも耐える耐久性がありながら、ハンモック、チェアハンモック、ハンガーラックとして一台3役をこなせるところです。

特にハンモックとして使えない時にハンガーラックとして使えるのは雨の日の部屋干しで、干す場所が一時的に必要な時に大活躍してくれます。

このような自立式のハンモックなら新築だけでなく、賃貸でも使えるのでハンモックを手軽に楽しめます。自立式なので晴れた日は庭やベランダに持って行って昼寝、雨の日は室内でチェアハンモックにして読書、と簡単に移動できてどこでもハンモック生活を楽しめます。