最近、ちば興銀(千葉興業銀行)が住宅ローンの商品として
ガンと診断されたら住宅ローン残高が0円になるという
「ガン保証付住宅ローン」の広告を見ました。

住宅ローンの商品も金利の安さだけで選ぶのではなく
追加サービスで選ぶ時代になってきているので、
健康保険とセットで販売されることも珍しくないです。

今回のちば興銀の住宅ローンで目を引くのは
ガンと診断されたら、それ以降に払うべき住宅ローンの
残高が0円、つまり払わなくて良いということです。

一般的なガン保険では、ガンと診断されると
一時金として100万円とかが支払われますが、
この保険では住宅ローン残高が1000万円以上あっても
0円になります。

ガンに対する治療費は支払われませんが、
それから先の住宅ローンの支払いが0円になる事で
治療費に当てることができるようになります。

しかも、この保険は契約者だけでなく、
奥さんが女性特有のガンと診断された場合も
ガン一時金として100万円が支給されます。

当然ながら、保険料は銀行が負担するので
新たに保険費用がかかることはありません。

もし、本当にガンになって働けない状態になった場合には
この保険だけでは治療費が払われないので、別途保険に
入っておくべきですが、すでにガン保険に入っているなら
新たな負担なく、ガン保険を強化できるのは大きな魅力です。

ちば興銀は名前からもわかるように千葉にある地方銀行です。
なので、千葉に住んでいないと申込めないような気がしますが
利用できる人の条件を調べてみると、こんな感じです。

■ご利用いただける方

・お借入時満20歳以上満50歳未満、最終ご返済時年齢満81歳未満の方

・勤続(営業)年数が、給与所得者は1年以上、会社役員・個人事業主は3年以上の方

・当行指定の団体信用生命保険に加入できる方

・前年の税込年収が200万円以上の方

・ちば興銀カードサービス(株)の保証が得られる方

特に地域の指定はないようなので、全国どこからでも申込みはできそうです。
ただ、近くに支店がない場合は申込みのための必要書類の提出などが
窓口でできないので、手間と時間がかかりそうではあります。

他にも、ガン保証付の住宅ローンがないか調べてみたら、
たくさん出てきました。少しだけ例として書き出すと、

・三井住友銀行 8大疾病保障付住宅ローン
・イオン銀行  8疾病保障付住宅ローン
・りそな銀行  3大疾病保障特約付住宅ローン

などが出てきました。
条件は多少違いますが、どれも病気になったら
住宅ローン残高が0円になるというのは一緒です。

他にも団体信用生命保険にガン保証特約を付けた
大疾病保障特約付団体信用生命保険というものもあります。

団信を利用する場合は住宅ローンの商品は
どこを選んでもガンと診断されると残高が0円になるので
銀行を選ばないという利点があります。

住宅ローンに金利の安さだけでなく、病気になったときの
安心保証も取り入れたいなら、選択肢の一つとして考えてみることを
オススメします。

住宅ローンを比較検討するのに便利なのが、住宅ローン一括審査申込みです。
一度の資料提出で数社から見積もりがもらえるので時間短縮になります。
住宅ローン一括審査申込はこちら