我が家は夫婦共働きでアパート暮らしをしていましたが、
妻が妊娠して、仕事を産休することになりました。

わたしは在宅で仕事をしているため
妻が産休になり、ポストに投函されるフリーペーパーを読んで
気になる記事を切り抜いているようでした。

そして、「ちょっと出かけてくるね。」といって
たまに一人で出かけます。

しばらくすると、またフリーペーパーを読んで
切り抜きをして出かけるという日々を繰り返していた
ある日、

「子供も産まれるし、住宅購入を検討してみない?」

「えっ?家!?まだ早いんじゃないの?」

「そんなことないよ。家を買うなら今買わないと税金が上がるから
 買い時だって親も言ってたよ。」

「あんまり気が進まないな。」

「とりあえず、どんな住宅があるか調べてみるのは良いでしょ?」

「まあ、調べてみるだけなら良いよ。」

前から住宅や不動産屋のチラシを見ていたので
いつかは言ってくるだろうと思ってましたが、
思ったよりも早くその時がきました。

フリーペーパーで切り抜いていたのは
中古住宅の広告記事で、たまに内覧に行っていたそうです。

今が1月で子供の出産予定が2月。
出産した後の育児休暇を1年取るから、仕事が始まる前に家を購入して
住み始めたいということでした。

中古住宅なら土地も含めて、安ければ1,000万円以下で購入できるので、
妻は気に入った物件があれば、すぐにでも契約して購入する勢いです。

わたしは住宅購入をするとしても、子供が小学校に入る頃、
6歳くらいだと思っていたので、こんなに早く購入を考えるとは
思っていませんでした。

むしろ、住宅購入しなくても賃貸で良いんじゃないの?
っと思ってるくらいです。

わたしたちの場合は、住宅購入を考えるキッカケは
「子供が産まれる」でしたが、他にも「賃貸では家賃がもったいない」
「税金・金利が有利」なども理由として上がってました。

他にも住宅購入をする理由やキッカケとしては

・子供ができる
・賃貸の家賃がもったいない
・金利・税金などを有利
・結婚する
・転勤・転職する
・定年退職する
・家が古くなった
・ペットを飼いたい
・住みやすい場所で暮らしたい
・魅力的な物件を見つけた

などなど、人それぞれだと思います。
家を購入するのは大きな買い物なので、なかなか思い切れませんが、
何かキッカケとなる動機があれば意外とスンナリ話が進んでいきます。

わたしたちの場合は「子供が産まれる」というのがキッカケになり、
土地を購入して、建築会社を選び、注文住宅で建てる事になりました。
初めての新築注文住宅で、ここから完成までの期間は約1年半でした。

もし、次に建てる機会があるならば、
こんな短期間で家づくりはしたくないですね。

と、そんなこんなで、住宅購入を本気で考えるようになり、
これから中古住宅を内覧していく事になりました。

次回は中古住宅の内覧を始めて間もない時期に
運命的な出会いがあった話です。