住宅購入は人生に一度の大きな買い物です。
土地の購入から、住宅、水道、ガス、下水道などの費用を合わせると
総額で2,000万円以上の資金が必要になります。

よほどの資産家でなければ、数千万円を現金一括で払える人はいないので、
多くの人は住宅ローンを利用することになります。

ただ、この住宅ローンも銀行、民間、公的など多種多様な商品があり、
選び方を間違えると百万円単位で返済額が変わることも珍しくないです。

つまり、同じ条件で住宅ローンの申請して、
銀行ローンと公的ローンで比べた場合、
返済額に数百万円の差がつくこともあるということです。

1〜2万円の差なら、笑って済ませられますが、
数百万円も違いがあると、今後の人生設定にも大きく影響するので
笑い事ではありません。

住宅ローンを組むなら、しっかりと検討して後悔のないように
比較検討しましょう。

住宅ローンは「公的ローン」と「民間ローン」の2種類

住宅ローンは、大きく分けると「公的ローン」と「民間ローン」に
分けられます。

公的ローン(公的融資)

公的ローンというのは、長期固定金利住宅ローン「フラット35」の
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)、勤務先の会社などで入れる
一般財形貯蓄加入者が借りられる財形住宅融資、都道府県や市町村が
独自の融資制度を行っている自治体融資です。

公的ローンの特徴としては、物件に技術基準などの所定の条件が
付けられますが、申請者に対する条件は民間ローンに比べると
それほど厳しくなく、金利も安い場合が多いです。

銀行を主体とする民間ローン(民間融資)

住宅ローンといえば最初に思い浮かぶのは、
普段からよく利用している銀行による住宅ローンです。

民間ローンは、銀行、信用金庫・労働金庫、住宅ローン専門会社、
生命保険会社など住宅ローンを取り扱う民間融資もあります。

JA(農協)は公的機関のようですが、民間の協同組合なので
JAバンクも民間ローンに分類されます。

民間の住宅ローンは、ネット上で手続きを行うことで手数料などの
諸費用を抑えたものや、「8疾病保障付住宅ローン」のように保険を
組み入れたものなど、各社で特徴的なサービスを売りにしています。

民間ローンの場合は返済能力などの条件が厳しめですが、
物件に対する条件はゆるく、融資限度額も高めなのが特徴です。

そのほか、住宅販売業者と金融機関の提携ローンや、
職場で独自に行っている社内融資などもあります。

また、会社によっては、福利厚生として住宅ローンの
利子補給をしている会社もあるので、人事部に確認しましょう。

親から借り入れる方法もある

親からの資金援助を受けられる場合は、
贈与で援助してもらう人がほとんどだと思いますが、
「借り入れ」として親から借り入れる方法もあります。

親子間であっても借用書を作り、返済をキチンを行っていれば
贈与税を払わずに安い金利で住宅ローンを組む事も可能です。

「借り入れ」であれば、返済する必要があるので
贈与税を払う必要もないので選択肢の一つとして覚えておくと良いです。

まずは、自分が利用できる住宅ローンの選択肢がどれだけあるのか
調べてみましょう。

また、民間ローンでは、提携ローン以外の住宅ローンを比較するだけで、
総支払額が大きく変わる事があります。
比べるだけで総支払額で365万円も差が出たら、あなたはどうしますか?

住宅ローンを比較するなら、こちらのサイトを利用すると簡単です。
→ 住宅ローン一括審査申込はこちら