有吉ゼミ-坂上忍、家を建てる(2015年7月6日放送)
のテレビ放送を見た感想を書いていきます。

今回は「夢のキッチンを作ったお宅スペシャル」です。

一軒目は妻が自宅で料理教室をしているお宅で
キッチン全体がコンクリート製という珍しいキッチンです。

キッチン全体がコンクリート

コンクリートキッチンは汚れが目立ちにくく
手入れが簡単で火にかけた鍋などを直に置ける利点があります。
また、コンクリートを使い込むと質感が良い味になって
生活の中に溶け込んでいきます。

キッチンの汚れが目立ちにくい

熱いやかんも置ける

また、コンロ部分は5cm低く作ってあるため
炒め物などでフライパンを扱うのが楽にできます。

コンロは5cm低くした

作業台の一部を大理石にしているため
ここでパン生地をこねたりできます。
料理好きな人には便利でしょうね。

大理石の天板がある

キッチンの隅には休憩ができる
ちょっとしたスペースがあります。

休憩スペースがある

このコンクリートキッチンは約300万円。
わたしは今回の放送で始めてコンクリートキッチンというものを
知ったのですが、なかなか良さそうだなっと思いました。
しかし、ちょっと高いのが問題ですね。

紹介されたものとまったく同じでなければ
もっと安くできるかもしれないので機会があれば
見積もりだけでもお願いしてみたいと思います。

続いてのお宅は放送作家が建てたお宅で
アメリカのドラマ番組をマネたお宅です。

地下のある3階建ての家で、家庭用エレベーターが設置されてます。
家庭用エレベーターなんて一般家庭で設置しているところを
見たことがないので放送作家は儲かるんだろうな。

3階建て、地下室のある家

家庭用エレベーター

キッチン回りはアメリカ製でまとめてあります。
ガスコンロは火力の強いバイキング社製で
シンクは付け置き用が別シンクになっているコーラー社製。

火力の強いガスコンロ

浸け置き用のシンクがあるシンク

冷蔵庫はGE社製でワンプッシュで氷が出るでかい冷蔵庫です。

ワンプッシュで氷が出る冷蔵庫

わたしがこちらのお宅で良いと思ったのは
付け置き用のシンクが別になっているところです。
GE社製の冷蔵庫は日本製に比べて消費電力が高いので
デザインにこだわりがなければ日本製の方が良いです。

この2件のお宅訪問の後に
坂上忍邸の地鎮祭が行われたことが公表されました。

地鎮祭

地鎮祭の神主は建物の神様で知られる
広島の大山神社からわざわざ来てもらったそうです。

建物の神様がいるとは始めて知りました。
私が家を建てるときは地元の神社にお願いしました。

地鎮祭は「鍬入れの儀」と「神酒拝戴」が紹介されてましたが
実際には他にも儀式がいくつかありますが放送上の理由で
省略されたみたいです。

鍬入れの儀

神酒拝戴

地鎮祭完了

これでいよいよ基礎工事が始まります。
だいたい新築工事の工事期間はスムーズに行けば
早ければ3ヶ月、遅くても6ヶ月で完成するはずです。

ということは、今年中には坂上忍邸は完成ということになります。
年末特番で完成披露となる可能性が高いですね。