これから注文住宅を購入するときの建築会社・ハウスメーカーの
比較のためにする資料請求を一度の登録で複数社に同時に申請できる
「持ち家計画」のサイトを使ってみた体験を書いていきます。

「持ち家計画」を使う利点としては大手ハウスメーカーのように
全国にモデルハウスを建てているところではなく、経費を削減するために
あえてモデルハウスを少数にしている、またはモデルハウスを建てていない
などのハウスメーカーの情報を集められる所だと思います。

モデルハウスの年間維持費は1軒何千万とかかるといわれているので
その分は住宅価格に上乗せされる訳ですから、無視することはできません。
そういった住宅会社の内部事情を考えながら、賢く資料を集めましょう。

まずは以下のリンクから「持ち家計画」のサイトを表示します。

持ち家計画

「持ち家計画」のサイトが表示されます。

「持ち家計画」TOPページ

この画面からまずは建設予定地を選択します。
建設予定地の選択が終わったら、「一括資料請求」ボタンを
クリックします。
わたしは「千葉県」を選択して次へ進みますが
ご自分の建設予定地を選択して次へ進んでください。

「持ち家計画」地域選択画面

「建設予定エリアの選択」画面になります。
より詳細な地域を選択して「次へ進む」ボタンをクリックしてください。

これだけで資料請求する会社の一覧が表示されます。

「持ち家計画」住宅会社選択画面

わたしの場合は10社が一覧表示されました。

最初はすべての会社が資料請求するようにチェックが付いているので
ここから、資料請求しない建築会社は左側にあるチェックを外していきます。

それぞれの建築会社には住宅アイコンが表示されていて
対応する機能のアイコンは明るい緑で、対応していない物は
グレー表示されています。

なので、建築会社が対応している住宅アイコンを確認して
資料請求しなくても良いと思う会社はチェックを外していきます。

以前は対応機能ごとに建築会社の検索ができていたのですが
いまはこうして自分で一社一社確認しながらチェックをするようになったので
ちょっと面倒になりました。

資料請求する会社へのチェックが終わったら
下の方へ画面をスクロールして、資料の発送先情報を入力と
最後に土地購入についての状況を選択してから
「次へ進む」ボタンをクリックします。

「持ち家計画」住所入力画面

「持ち家計画」土地購入確認

「次へ進む」ボタンをクリックすると
内容確認の画面になるので、内容を確認します。

「持ち家計画」申込み確認画面

この確認で注意することは自分が選択したハウスメーカーの他に
下の方で「よくこちらの会社も一緒に選ばれています」という
項目があるということです。

ここで紹介されているハウスメーカーには左側のチェックを見れば
分かると思いますが、資料請求するという選択がされています。
この画面が最終確認画面なので、ここでチェックがされている物は
再確認されずに申し込みされてしまいます。

なので、「よくこちらの会社も一緒に選ばれています」で紹介されている
会社の資料が必要ならそのまま「申込ボタン」をクリックすれば良いですが
不要な場合はチェックを外してから下にある「申込ボタン」を
クリックしてください。

「申し込み」ボタンをクリックすると申し込み完了画面が
表示されます。

「持ち家計画」申込み完了画面

下の方にアンケートがありますので
時間のある人は回答してみるのも良いと思います。

わたしはこの資料請求で3社に申込みましたが
だいたい4日程度ですべての会社の資料が届きました。

資料を送る前に1社の住宅会社から確認の電話が
かかってきましたが、資料が届くまでは他に電話はかかってきませんでした。

資料が届いて約1週間くらいから各ハウスメーカーから
資料についてと現在の状況についての確認の電話がかかってきました。

ハウスメーカーに取っては顧客になる見込みがあるので
電話で近況を確認するのは当然ですね。

近くにモデルハウスのあるところは一度来てくださいという
お誘いもありました。

実際、ハウスメーカーの資料だけ見てもよくわからないので
結局はモデルハウスに行って詳しく聞いた方がわかりやすいです。

それでも、資料をいくつも見ることは住宅建築の現状を知ることができるので
複数見ることをオススメします。

できることなら、資料の内容を覚えるくらい読込んで、
他社との違いとハウスメーカーに質問できるくらいになるべきだと思います。

住宅購入は一生に一度の大きな買い物なので、
少しでも多くの知識を身につけることが失敗しないためには必要です。

紹介サイト:持ち家計画