投稿者:トビー

古い家を取り壊し、新築住宅を建てました。
その古い家は廊下で繋がれた離れのような家もありました。
今回はその離れは取り壊さず、本宅だけを取り壊しました。

離れと新築の間は、いずれは廊下で再度繋ぐつもりでした。
離れと新築はある程度の間を計算していました。

新築の土台、骨組みが完成し、いよいよ棟上げという時、
離れの屋根と新築の屋根がくっつきそうなくらいの間しか
あいていないことが判明したのです。

設計士の完全なミスと我が家もあまり建築現場に足を運ばず、
確認をしていなかったせいでした。

土台の時にもっとしっかり確認をしておけばよかったと、
本当に後悔しています。

結局屋根の設計を手直しして、離れの屋根とは
ぶつからないようにしてもらいましたが、
本当に大失敗な新築住宅となりました。