投稿者:ふれぇーる

家は生涯3回建てないと満足したものができない
といった言葉はよく耳にしますが、そう何度も買える代物ではないため、
みんなよくよく考えて家を新築されると思われます。

しかし、注文住宅なんていうと、考えるべきことが膨大にあり、
住んでみてあとあと考えると、あーしておけばよかった、
こーしてよけばよかったってことは結構あると思います。

私の場合は、壁紙をケチって普通の壁紙を選んでしまったことです。

壁紙なんて柄を選べばよいものだと思っていたのですが、
その素材によって、汚れにくいものや破れにくいものなど様々あり、
機能が充実していればその分値段は高くなります。
そこでケチった自分がバカでした。

住みはじめてから子供が生まれ、その子が大きくなってきたことや
使っているうちに、なんだかんだ壁紙が破れてしまったり
汚れが落ちなくなってきたりが目立ち始めました。
住んで2年後くらいのことです。

壁紙なんて後から張り替えるとなると、家具の移動や
エアコンがついているところの張り方が難しそうであったり、
かなり難儀な仕事に思われます。
これはケチらずに高価なものを選んでおけばよかったと思います。

今のところ汚れたらすぐ拭くとか
なるべく壁にこすらずに生活するなどの
対処しかとれておりません。