Mac版の住宅間取ソフト「SweetHome3D」があります。
このソフトは海外で制作されているようですが
日本語版もあり、無料で使えるのでちょっと試してみたいと思います。

sweethome3d

今回はソフトをダウンロードして
インストールするところまでやりたいと思います。

まずは、「SweetHome3D」の公式ページを表示します。
http://www.sweethome3d.com/ja/index.jsp

sweethome3d

海外ソフトですが日本語で表示されるので安心ですね。
サイトを表示したら上のメニューバーから「ダウンロード」を
クリックします。

sweethome3d

ダウンロードページが表示されます。

sweethome3d

「Javaウェブスタート」と「インストーラ」で
起動できると書いてありますが、わたしのMacosX10.8では
「Javaウェブスタート」で起動することができなかったので
「インストーラ」の方を使うことにします。

画面の下にスクロールして
「Sweet Home 3D インストーラをダウンロード」の項目から
「Mac OS Xインストーラ」をクリックします。

sweethome3d

ダウンロードサイトが表示されます。
ちょっとわかりづらいですが、上の方に
「Your download will start in 5 seconds…」と表示されて
カウントダウンされてます。

sweethome3d

これが「0」になるとファイルのダウンロードウインドウが
表示されるので「ファイルを保存する」にチェックをして
「OK」をクリックします。
保存先はデスクトップなどわかりやすいところにします。

sweethome3d

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開きます。

sweethome3d

ダウンロードした「SweetHome3D」フォルダが表示されます。

sweethome3d

DockからFinderを右クリックして[新規Finderウインドウ]を
選択して新しいFinderを表示します。

sweethome3d

「SweetHome3D」フォルダの中にある「SweetHome3D.app」を
「アプリケーションフォルダ」へドラッグ&ドロップでコピーします。

sweethome3d

「SweetHome3D.app」をダブルクリックすると
開発元が未確認のため開けないと表示されます。

sweethome3d

なので、「SweetHome3D.app」ファイルの上で
controlキーを押しながら右クリックで「開く」を選択すると
以下の画面になり、開くことができます。

sweethome3d

これで「SweetHome3D」が起動します。

sweethome3d

インストールはこれで完了です。
初期画面はシンプルで味気ないですが
ここから住宅の間取を制作していきます。

次は「SweetHome3D」の使い方を実際に
間取を作りながら紹介したいと思います。