スーモカウンターで紹介された住友林業のモデルハウスへ
行ってきました。

今回は面談の予約を入れていたのでモデルハウスの見学ではなく
住友林業での住宅を造るときの特徴などを中心に聞いてきました。

住友林業は国内で植林をしていると聞いていたので
住友林業で建てるときはそこで育てた木材だけを使っているのかと
思っていましたが、そんなことはなく住友林業の木だけでなく
国内産の木を使っているということでした。

構造体に使われる木材は集成材と無垢から選ぶことができて
材料の価格は変わらないので、好みでどちらを選んでも
良いそうです。

ただ、集成材の方が強度は高いということで
集成材を薦められました。

他には長持ちする材料を使ってメンテナンス費用が
かからないようにするため初期費用が他のローコスト住宅と
比べると高くなるということでした。

長い目で見ると他のハウスメーカーと比べても
高くないってことですね。

大手のハウスメーカーは他にも見て回りましたが
たぶん、今回の住友林業でハウスメーカーを訪問するのは
最後になると思います。

一応、図面と見積りをお願いすることになりましたが
これからは工務店を中心に訪問する予定です。