新築の庭の土はかなりの粘土質で、晴れたときの土はカチカチに固くて土にシャベルで穴を掘るのも困難なほどです。

雨が降った翌日は水はけが悪くて、水溜りがこんな感じで出来てしまいます。

粘土質の庭の土

靴で歩くと靴裏にベットリと土が付いてしまいます。

粘土質の土を歩く

靴裏に付く粘土質の土

庭にはグラウンドカバーとして芝生を植えようと思っていたのですが、この粘土質の土では育てるのが難しいと思い、どうにかできないかと工務店に相談したら、土の入れ替えや排水用のパイプを通す暗渠排水を提案されました。

しかし、土の入れ替えや暗渠排水をやったとしても水溜りが改善されるかはわからないそうです。

芝生を植えないにしても水はけが悪すぎるので、暗渠排水をお願いすることにしました。

暗渠排水の工事をする前の状態はこんな感じでした。

暗渠排水工事前の庭

工事途中はこんな感じで穴が掘られてパイプが埋められ、砂利で回りを覆って埋めてました。

暗渠排水工事中の庭

暗渠排水の工事が終わったときの状態はこんな感じで、見た目には暗渠排水がされているとはわかりません。

暗渠排水工事後の庭

これで水溜りができなくなることを期待していたのですが、やっぱり雨が降った翌日に見に行ったら水溜りができてました。

まあ、暗渠排水がなかったときよりは水はけがよくなり、水溜りは小さくなってる気はします。

ネットでは粘土質の土は改善が難しいと書かれていることが多いですが、粘土質の土がこんなに扱いづらいとは思いませんでした。

グラウンドカバーをするためになんとかしたいところです。

土地を購入する前にしっかり確認しておけばよかったです。

あなたも土地探しをしているなら、購入時には土質にも注意した方が良いかもしれません。

良い土地を効率よく探す方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

→ 最初に土地探しをするのは危険?!効率よく土地を見つける方法とは?