投稿者:green

家というのは人生で一番大きい買い物なので失敗が許されません。

しかし、100パーセント満足な家など、この世に存在しないわけですから、現実にはいかに減点部分を少なくしていくかということを頭に入れて住宅を建てるしかありません。

我が家は今年で築12年になる木造二階建てなんですが、「間取り」は典型的なLDK一体型でカウンターキッチンで、リビングには掘りごたつといった雰囲気の和洋折衷。

失敗だと思ったのは玄関から直接階段で2階に上がれてしまうため、家族間でのコミュニケーションが希薄になりがちな点です。

それに気づいたのは2~3年経ったくらいです。
対処法としては、リフォームとなると大掛かりになるので素直にこのプランの欠点を認め、あえてリビングで過ごす時間を増やしました。
それが弱点を補う一番の方法だと思いました。

使用感として、良い点はプライバシーのレベルはすごく高いこと。
悪い点は先ほど言ったようにコミュニケーションの度合いが低くなるケースがあるということです。