投稿者:10年以上前ですが

10年以上前に新築しましたが、当時流行っていた対面キッチンで失敗しました。

ここだけの話、妻がこの対面キッチンをスゴく気に入っておりまして、他の選択肢はありませんでした。

しかし、図面の段階から私はエリア的に小さいのではないかと危惧していたのです。

そして、結論から言えば、実際にキッチンエリアに収納や冷蔵庫を配置した瞬間、

『せ、狭い、、、』

シンクと壁に沿って配置した収納との隙間が予想通りに、人もロクにすれ違えない程度の隙間しか残されておらず、図面と現実の違いを実感しました。

妻も当初は、(内心はともかく)全く気にする素振りを見せていませんでしたが、実際に生活を始めて、ぶつけるの、引っ掛けるのと、さすがの使いにくさに根を上げてしまいました。

結局、壁面の収納をより薄いモノへと変更し、隙間スペースを確保しましたが、正直、余計な出費でした。

図面ではわからない実際の住み心地

間取りプランの図面を見ているときにはこれ以上ない最高の間取りと思っていても、実際に住んでみると住みにくいという間取りの失敗は注文住宅ではよくある話です。

今回は対面キッチンの作業スペースが狭くて、家事のときに使いづらいという体験談でした。

対策として収納を変更することになりましたが、造り付け収納ではなかったのが不幸中の幸で、収納を買い換えることで解決できています。

これがもっと構造的な問題が原因で収納の買い替えだけで対応できなかったら、大規模なリフォームをするしか解決策がありません。

間取りを考えるときは、生活導線、特に料理や洗濯、お風呂などの家事動線を意識すると失敗の少ない家づくりができます。