新築を建てる時に、子供部屋を2階にすると窓からの転落が気になりませんか?

我が家でも家を建てる時に子供部屋を2階にする間取りになったので、窓の大きさに悩みました。

どのくらいの窓の大きさなら安全なのかを間取ソフトを使って比較・検討してみたのでまとめてみました。



2階の窓の大きさを決めるポイント

2階の窓の大きさを決めるのに工務店の方から最初に提案された大きさは高さ970mmでした。

2階は子供部屋もあるので妻に窓の大きさについて相談してみました。

「今住んでいるアパートは2Fだけど窓の高さが1370mmあり、明るくて開放的なので大きい窓にしたい。」

ということでした。

わたしとしては窓が大きくなると落下の危険性もあるし、断熱効果も落ちて冬が寒くなるので小さい方が良いと思ってました。

そこで、間取りソフトのマイホームデザイナーを使って窓の大きさを比較してみることにしました。

間取りソフトを使って、窓の大きさをシミュレーション

まずは最初に工務店から提案された標準的な窓の大きさです。

■窓の高さ970mm 床からの高さ1050mm

窓の高さ970mm

これくらいの大きさでも十分明かりは取れそうです。

次は、今住んでいるアパートを同じ大きな窓にした場合です。

■高さ1370mm 床からの高さ650mm

窓の高さ1370mm

これは窓が大きいですね。

机の高さと比較するとかなり窓が大きいのがわかると思います。

大人は良いですが、小さな子供のことを考えると、やはり転落しそうで怖いです。

そこで間をとって中間の大きさの窓で作ってみました。

■高さ1170mm 床からの高さ850mm

窓の高さ1170mm

これなら、まあ落下の危険性はだいぶ改善されるし、明るさも取れるのでこの大きさに決まりました。

まとめ

窓の大きさを考えるのにショールームに行って検討したり、住んでいるアパートの窓を本で隠して比較しましたが、いまいちイメージしづらかったので間取ソフトがけっこう役立ちました。

間取りソフトをまだ使ったことがない人は便利なので一度使ってみてください。

→ 間取ソフトの紹介記事へ