新築で家を建てた後の家の住みやすさを左右するのは「間取り」です。

建売住宅だと間取りは自由に決めることはできませんが、注文住宅なら自由に間取りを決めることができます。

自由に決められますが、自分の理想の間取りを言葉で伝えるのって難しいです。

理想の間取りを手描きで書いても良いのですが、パソコンやネットを使うことで簡単に間取りを作成できるソフトがあります。

ここでは、無料で使える間取り作成ソフトについて紹介していきます。



無料の間取り作成ソフトを使うメリット

無料の間取り作成ソフトでも、間取り図が簡単に作成できます。

立体表示や鳥瞰・パース表示も使えるソフトもあるので、住宅イメージを作成するのに便利です。

また、手書きで書くと間取りを修正するのが面倒ですが、間取り作成ソフトを使えば変更や修正も簡単にできます。

しっかりと作り込んだ間取り図でなくても、簡単な間取り図を事前に作っておくと、ハウスメーカーや設計士との打ち合わせでも、こんな間取りにしたいという希望を伝えやすくなります。

無料で使える間取り作成ソフト(windows用)

■e-house版『せっけい倶楽部』
最小構成版
フル版
[フル版]では素材が増えてます。機能:平面間取り図、鳥瞰図

■ハウテック版「せっけい倶楽部」
http://www.houtec.co.jp/club/download.htm
※ダウンロードに名前、住所の入力必須 機能:平面間取り図、鳥瞰図

■イエスマイハウス2010(Free Version)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se142269.html
機能:平面間取り図、鳥瞰図

■新築応援Lite Plus
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se334575.html
機能:平面間取り図、鳥瞰図

■間取りPlanner Plus
http://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se286354.html
立体パースを作成するには『新築応援LitePlus』 が必要。
機能:平面間取り図

無料で使える間取り作成ソフト(Mac用)

間取り作成ソフトはWindows用が種類も多く使いやすいですが、Macでも使えるソフトもあるので紹介していきます。
Mac用というよりもWindowsとMacの両方で使えるものが多いです。

■Sweet Home 3D
http://www.sweethome3d.com/ja/index.jsp
ダウンロード版とオンライン版があります。オンライン版の利用にはJavaのインストールが必要です。

■DESIGNHOMECG for Mac
http://www.vector.co.jp/soft/mac/home/se238391.html
開発メーカーのサイトが無くなっているようです。

■Wanaplan
http://www.wanaplan.com/en/plan/
Windows、Mac関係なくWebサイトで間取りを作ることができるサイトです。
しかし、残念ながら英語サイトなので、メーターモジュールしか作れません。

■SketchUp Make
http://sketchup.google.com/intl/ja/
Windows、Macで使える3Dモデル作成ソフトです。 間取り専用ソフトではないので使いづらいかも。

■インテリア
有料版ですが、サイトから体験版を無料ダウンロードできます。
インテリア
インテリア プロ

■LiveInterior3D
http://www.belightsoft.com/products/liveinterior/overview.php
日本語に対応してません。無料体験版あり。