投稿者:ゆみ

私の父は身体に障害があり、車イスを使っていました。
そのため、玄関から家の前の道路まで、スロープをつけることにしました。

玄関ポーチから直接つながるスロープなので、使い勝手の良いものでしたが、「失敗した!」と気がついたのは、新築後半年が経ち、初めての冬を迎えた時でした。

このあたりは、冬になると結構雪が降ります。
玄関ポーチの屋根がスロープの上に張りだしていたため、大雪が降ると、積もった雪がスロープの上にどさっと落ちてくるのです。

玄関に出入りする際、邪魔になるのですぐに雪を取り除かなくてはいけませんし、いったん溶けて再凍結すると、氷になってしまって、ツルハシでないと割れません。

出入りに使わないほうに雪が落ちるよう、屋根に傾斜をつけておけばよかったと後悔しました。

結局、出入りの際は落雪の危険がないか忘れず確認し、雪のたびにこまめに除雪するようにしています。